FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次元いらない

ご無沙汰しております。
三章カロック一節書き終わりましたので、おうちに帰ったらあげますね!

タイトルは何のことかというと…

友達と生徒が可愛すぎて生きるのが幸せ!

まずは友達編
超童顔
大学二回でありながら中学生にしか見えない
大体仏頂面
でもぜんぜん機嫌悪くない。口が元からへの字だけど、下唇ぽってりで超かわいい
すごく仏頂面な時
眠いだけ
食事中無言
ただひたすらにこにこしながら食べ続けてます。

あの子に彼氏できたら私その彼氏殴りそうな勢いで愛でてます(≧▽≦)
なにこの二次元でもいない萌え属性!

そして昨日、ト○イのバイトで受け持ってきた生徒のミラクル言動

複写紙編
ト○イでは授業報告を複写紙に書いて、一枚を個別教室のファイルに、もう一枚を生徒に渡しています。で、最後に教室長の先生にはんこ押してもらうんですが……
教室長の先生が紙めくった瞬間
生「うわー!同じのが下にもかけてるー!先生のペン魔法のペンだー!」
教室長の先生、肩震えてます。
教「K先生、教えてあげて……」
私「あれはペンの方がすごいんじゃなくて、紙に仕掛けがしてあるんだよー。」
生「魔法の紙!?」

中学一年生なんだぜ、この子……。
どんだけすれてないの!

そして、同じ子と息抜き中

確か大学の事聞かれてた時。私はもうすこーし威厳がないと頼りなさそうに見えるので、かっこよくなりたいと思っております。身長ももっとほしい!
私「先生男の子になりたいときあるんだー」
生「なんで?」
私「男の子体が大きくなるし、力も強くなるし、かっこよくなれるやろー?」
生「先生かっこいい彼氏おるやん。」
私「あははー、でも私がそうなりたくてね」
生「……先生今でも十分かっこいいと思います」

心臓打ち抜かれました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。